Hatena::Groupiphone-dev

white dev. のiPhone話

2011-09-24

”8bit: Camera” リリースしました

23:25

「8bit: Camera」というアプリをリリースしました。無料です。(AdMob/iAd 広告バナー出ます)


Web:

http://park5.wakwak.com/~white/8bit_Camera/Home.html


AppStore:

http://itunes.apple.com/jp/app/8bit-camera/id466312552?mt=8


iPhoneのカメラ撮影時にリアルタイムで 8bit風の加工をしてます。どんな風景も 8bitアドベンチャーゲーム風味!


 一応 8bit シリーズになるのかな? OpenGL ES 2.0 のシェーダを使っています。頂点シェーダでは特に役割はなく、フラグメントシェーダに描画座標を渡すだけ。フラグメントシェーダではカメラから得られる画像のピクセルの明るさを算出してまず16段階にします。それを参照用テクスチャ(2値テクスチャ)の該当するエリアから、描画座標を元にピクセル取り出して元の絵と合成してる感じです。

 階調の切り替えは、シェーダ側では同じ16段階のまま、参照するテクスチャを切り替える事で対応できてます。これは自分なりにワンアイデアかなと思いました。

 モノクロ/カラー切り替えは、float値 (0.0 or 1.0) をひとつだけフラグメントシェーダに渡して、その値から計算式で Color or 輝度 のどちらかを使うようにしてます。(※分岐は使ってない)

 参照用テクスチャアプリ中身を覗くと見ることができると思いますが、シェーダのソースファイルは思うところがあって隠しました。今回は原始的な方法で、リリース時に手動で Cソース形式のテキストにして埋め込んだ感じです。


8bit風味の写真は、風景や被写体によって向き不向きがあるので、何でもかんでも面白く撮れるものでもないみたいです。でも、ちょっと撮った時に良い具合の写真になることもあるので、無料ってことで試してみてください! シェーダ使ったアプリということで技術的なお試しもアリかと思います!