Hatena::Groupiphone-dev

nijitaro meets iPhoneSDK

2009-09-21

実機登録の際に何度もつくるProvisioningの手間を省く

14:52 | 実機登録の際に何度もつくるProvisioningの手間を省く - nijitaro meets iPhoneSDK を含むブックマーク はてなブックマーク - 実機登録の際に何度もつくるProvisioningの手間を省く - nijitaro meets iPhoneSDK 実機登録の際に何度もつくるProvisioningの手間を省く - nijitaro meets iPhoneSDK のブックマークコメント

まだiPhoneアプリを作り始めて間もないのだが、やっていて一番大変だとおもうのは実機登録の際にProvisioningを毎度発行しなくてはならないところだった。

本を読んでサンプルアプリを量産しているところなのだが、一つ一つ登録するのが大変。

簡単なサンプルなんだから実機でうごかんでもいいじゃないとか考える事もできるができるなら実機でみたい。

しかし、どうやらAppIDのところで「*」としておくと「ランダムな文字列.*」というProvisioningが発行されるので

これをつかえば、plistでどんなBundle Identifierでもいい。つまり使い回しが効く。ただ、「*」だとPushコンテンツを作ることはできない。

ちなみに今やっているのは「基礎からのiPhoneSDK」という本のサンプル。

サンプルを通してのiPhoneSDKの説明が丁寧でいいし、とにかくiPhoneSDKというものの概念から具体的な動作までをナビゲートしてくれるので言われたままやってみると感嘆簡単の繰り返しである。

基礎からのiPhone SDK

基礎からのiPhone SDK