Hatena::Groupiphone-dev

haoyayoi Dev Style このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-05-23

Erica女史みたいにDocumentを作る方法

| 11:08 | Erica女史みたいにDocumentを作る方法 - haoyayoi Dev Style を含むブックマーク はてなブックマーク - Erica女史みたいにDocumentを作る方法 - haoyayoi Dev Style Erica女史みたいにDocumentを作る方法 - haoyayoi Dev Style のブックマークコメント

Erica女史が公開しているTimberline Documentationは、ある程度ググったりしているうちに存在を認識する人も多いドキュメントです。undocumentedなメソッドを一覧化していたりして、hackの第一歩には色々と有り難い代物です。

そのうち、「あんな感じで自分のプロジェクトでもつくれたらなー」とか思ったりしてくるわけですが、下準備が面倒なだけであって作れないわけではありません。

Timberline DocumentationはDoxygenを用いています。Doxygenを実行することで得られるメリットが非常に大きいため、プロジェクトの文書化を考えている人にはかなりおすすめです。

インストール

Doxygenは幾つかのライブラリが必要になります。各々のライブラリは公式サイトからバイナリソースコードの両方で配布されているケースが多いのですが、MacPortsからでもカバー可能です。

MacPortsからのインストールがお手軽だったため、このエントリではMacPortsを用いています。

graphvizインストール

macportsにてgraphvizをsearchすると、結構な数が引っかかります。

%sudo port
password:
>search graphviz

graphvizそのものもあるんですが、

Format: "png" not recognized. Use one of: dia hpgl mif mp pcl pic vtx

とエラーが出力されます。これはpng形式等のサポートの問題で、graphviz-gdのほうが必要です(参考:graphvizで Format: "png" not recognized. - あぁ そうだった)。

>install graphviz-gui-devel
webdotのインストール
>install webdot
doxygenインストール
>install doxygen

Doxygenの設定

ドキュメントを出力したい対象プロジェクトのClassesディレクトリに移動して、コマンドを実行します。最初行うのは設定ファイルの作成です。

(参考:Doxygenをつかおう)

%doxygen -g

これによって出力されるdoxyFileをそのまま使おうとすると、グラフが出力されなかったり、

Error: /rangecheck in /findfont

Operand stack:

--nostringval-- 10 FreeSans

とエラーが発生するため、編集します。

(参考:DOT_FONTNAME (Doxygen 1.5.6) - 無為空間, DOT_FONTNAME ni Hiragino - 無為空間)

OUTPUT_DIRECTORY = ../Doxygen

EXTRACT_ALL = YES

HAVE_DOT = YES

DOT_FONTNAME = "\"Hiragino Kaku Gothic Pro\""

Doxygenの実行

%doxygen doxyFile

Classes内で上記コマンドを実行します。プロジェクトのrootDoxygenというディレクトリが出力されます。この中のhtml/index.htmlを開きます。

f:id:hao_yayoi:20090523110305p:image