Hatena::Groupiphone-dev

Butinekoの世界(iPhone分室)

2008-08-26

iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(開発ツール編)

11:45 | iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(開発ツール編) - Butinekoの世界(iPhone分室) を含むブックマーク はてなブックマーク - iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(開発ツール編) - Butinekoの世界(iPhone分室)

 Objective-C 2.0編と同じく既に本家(http://buti.blog.so-net.ne.jp)にあげてしまった内容の転載。

--

 Objective-C 2.0編に続いて開発ツール編です。

 書籍などもいくつか出ているようですが、XcodeInterface Builderも3.0になって大きく変わったという内容をよく見かけるので、古いバージョンの資料と区別しておく必要があるでしょう。

Xcode および Interface Builder 3.0(3.1)関連資料

 たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

  木下誠さんの「たのしいCocoa」がLeopard対応となって発売されました。iPhoneの開発スタイルと多少の違いはあると思いますが、Xcode3.1や新しいInterfaceBuilderに対応されています。(追記しました)

 Apple本家の紹介ページ

  概要 XCode Tools

  とりあえず、概要などが書かれているので最初にさらっと読んでおきましょう。

  Xcodeインストールガイド

   Xcodeインストールガイドです。

  Xcodeの概要

   Xcodeの概要説明資料

 Apple Developer Documentにある木下 誠さんのCocoa セミナー資料

  iPhone向けのセミナー資料ではありませんが、初めてXcodeInterface Builder

 取り組むのであればこの資料からは入るのがいいと思います。

 (PDFとサンプルコードのZIPファイルです)

  初級編 中級編 上級編 

 MacMacMac♪さんのページ

  画像がいっぱいでちょっと重いですがわかりやすくわかりやすくまとまっています。

  第19回 複数ターゲットを持つXcodeプロジェクト

  第20回 Xcode3.0のInterfaceBuilderでのクラス作成

 Apple本家にはドキュメントが充実しているんだが、いかんせん日本語の資料が少ない。操作系を勉強するには英語になってしまうが、YouTubeを検索するとわかりやすい資料があるかもしれない。

追記:木下誠さんの「たのしいCocoa」が発売されたので追記しました。

関連エントリー:iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(Objective-C 2.0編)

2008-08-25

iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(Objective-C 2.0編)

00:55 | iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(Objective-C 2.0編) - Butinekoの世界(iPhone分室) を含むブックマーク はてなブックマーク - iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(Objective-C 2.0編) - Butinekoの世界(iPhone分室)

 既に本家(http://buti.blog.so-net.ne.jp)にあげてしまった内容ですが、こちらにゆかりが深いエントリーなので転載です。

--

 いろいろな資料をあさっているうちに何をどこまで読んだのかよくわからなくなってきたので、今読んでいる日本語で読める資料をまとめてみようかと思います。

 ただ、iPhoneのコアAPIであるCocoa touch関連資料は、英語の資料しかない上NDAの関係で今のところADC(Apple Developer Conneciton)に加入しないと読めない状況です。ですから、その前段階の準備としてとりあえずObjective-C 2.0の日本語の資料を集めてみました。

Objective-C 関連】

詳解 Objective-C 2.0

 通称「萩原本」。500ページ以上というボリュームですが、新しい言語仕様を含めObjective-Cをマスターするのには最適の本です。出費をいとわなければぜひとも押さえておきたいところです。

Objective-C 2.0プログラミング言語

 Apple本家の言語解説資料。Object指向をある程度経験があれば最初の方は読み飛ばしてもいいように思う。Web上で公開されているが150ページ以上もある為Webで読むのはちょっと疲れます。できれば20〜30ページづつPDFを印刷して電車の中で読むのがおすすめです。さすがに「萩原本」を電車で読むのはつらいです。

ダイナミックObjective-C

 書籍なども出されている木下さんのコラムです。かなり古くからの連載の為、2.0以前の内容が多いですが、第96回以降は2.0の内容が記載されています。この継続力にはほんとに頭が下がります。

Leopardで刷新されたMac OS X対応開発言語「Objective-C 2.0」の真価を探る

 同じく木下さんの記事で初期のObjective-Cの経験者はまず、このページを読んでみるのがいいでしょう。

関連エントリー:iPhone SDKの開発に入る前に読んでおきたい日本語の資料(開発ツール編)

アバクロ 銀座アバクロ 銀座2010/03/11 17:52http://www.abercrombieandfitchmall.com

アバクロ 銀座アバクロ 銀座2010/03/11 17:54いろいろな資料をあさっているうちに何をどこまで読んだのかよくわからなくなってきたので、今読んでいる日本語で読める資料をまとめてみようかと思います。

 ただ、iPhoneのコアAPIであるCocoa touch関連資料は、英語の資料しかない上NDAの関係で今のところADC(Apple Developer Conneciton)に加入しないと読めない状況です。ですから、その前段階の準備としてとりあえずObjective-C 2.0の日本語の資料を集めてみました。http://www.abercrombieandfitchmall.com